カテゴリー ‘ WHOやユニセフの母乳育児支援

母乳育児成功のための10ヵ条

母乳育児がスムーズにはじめられることを目的にして、ユニセフとWHOの共同宣言として1989年に発表されたものです。
逆にいえば、この条件が整っていなければ母乳育児はスムーズにいかない可能性が高いともいえます。
日本では、この条件をすべてクリアしている病院の方が圧倒的に少ないでしょう。
そのような「条件の整っていない」日本の病院で出産している私たちのほとんどが、母乳が出ないとか、「うまく飲ませられない」ということで悩むのも当然といえないでしょうか。
母乳が出ないとお悩みの方、あなたが出産した病院は次の条件のいくつをクリアしていたでしょうか。
クリアしていた条件が少ないほど、あなたの母乳は病院で「出なくさせられた」可能性が高いでしょう。

母乳育児成功のための10ヵ条

産科医療や新生児ケアにかかわるすべての施設は以下の条項を守らなければなりません。

1. 母乳育児についての基本方針を文書にし、関係するすべての保健医療スタッフに周知徹底しましょう
2. この方針を実践する為に必要な技能を、すべての関係する保健医療スタッフにトレーニングしましょう
3. 妊娠した女性すべてに母乳育児の利点とその方法に関する情報を提供しましょう
4. 産後30分以内に母乳育児が開始できるよう、母親を援助しましょう
5. 母親に母乳育児のやり方を教え、母と子が離れることが避けられない場合でも母乳分泌を維持できるような方法を教えましょう
6. 医学的に必要でない限り、新生児には母乳以外の栄養や水分を与えないようにしましょう
7. 母親と赤ちゃんが一緒にいられるように、終日、母子同室を実施しましょう
8. 赤ちゃんが欲しがるときに欲しがるだけの授乳を勧めましょう
9. 母乳で育てられている赤ちゃんに人工乳首やおしゃぶりを与えないようにしましょう
10. 母乳育児を支援するグループ作りを後援し、産科施設の退院時に母親に紹介しましょう
(WHO/UNICEF: the Ten Steps to Successful Breastfeeding,1989)

より詳しい10ヵ条の内容と、その実践のための指針としては、WHOとユニセフの共同宣言を翻訳した『母乳育児成功のために~だれでも知っておきたい母乳育児の保護、推進、支援~産科医療施設の特別な役割』(日本母乳の会運営委員会編集・発行、1999年)があります。

また、WHOから10ヵ条のエビデンスについて報告書が出ています。

“Evidence for the ten steps to successful breastfeeding (Revised)” Family and Reproductive Health, Division of Child Health and Development, World Health Organization, 1998 [WHO/CHD/98.9]

 

母乳育児支援ネットワーク(BSNJAPAN)について

母乳育児支援ネットワーク(BSNJapan)はWABA(母乳育児支援行動連盟)を日本で紹介し、日本での母乳育児を支援する活動を行うことを目的として2000年に設立された非営利団体です。 WABAの支援団体として登録されており、母乳育児支援に関心のある方の参加と協力をお待ちしております。

BSNの理事会は医師や助産師などの保健医療専門家のみならず、社会福祉やメディア社会学、法律の専門家、および母乳育児支援団体の母親リーダーなどを含むメンバーで構成されており、母乳育児がしやすい社会をめざして活動を続けています。

BSNJapanはWABA(世界母乳育児行動連盟)の承認団体であり、乳児用食品国際行動ネットワーク(IBFAN)のメンバーグループでもあります。


最初は母乳だけ、その後も他の食べ物を補いながら母乳を与え続ける。金色のリボンは、 その「ゴールド スタンダード」、つまり理想のありようの象徴です。

WABA(世界母乳育児行動連盟)とユニセフが共同で提唱している「金色のリボン運動」に参加しています。

Facebook母と子の災害時の育児支援 共同特別委員会

災害時の母乳育児相談