Day3 日本での母乳育児支援活動~母乳育児支援ネットワーク

高橋万由美氏(母乳育児支援ネットワーク代表)の話

母乳育児支援ネットワークは、たくさんの母乳育児支援グループが連携する場になれば、と1999年に設立された。
母乳育児を強制するのではなく、誰でもどこでも母乳育児に必要な支援を得られる世の中を目指す。
高橋さん自身、片手で母乳育児をしながらインターネットで母乳育児情報を探されたという。
先進国の中でも母乳育児の割合が高いスウェーデンの様子が紹介された。
働くお母さんのための制度が整っていることは知られているが
女性の声が政治に反映されやすい社会であるという点が日本と大きく違う。
日本では「母乳育児ができない人はかわいそう」という意見も強く
母乳育児を続けるために必要な情報・支援を受けられない人がほとんどである。
適切な情報に恵まれるのは宝くじに当たるようなものだ。
もっともっと必要な情報がお母さんたちにいきわたるように活動したいと考えている。

母乳育児支援ネットワーク(BSNJAPAN)について

母乳育児支援ネットワーク(BSNJapan)はWABA(母乳育児支援行動連盟)を日本で紹介し、日本での母乳育児を支援する活動を行うことを目的として2000年に設立された非営利団体です。 WABAの支援団体として登録されており、母乳育児支援に関心のある方の参加と協力をお待ちしております。

BSNの理事会は医師や助産師などの保健医療専門家のみならず、社会福祉やメディア社会学、法律の専門家、および母乳育児支援団体の母親リーダーなどを含むメンバーで構成されており、母乳育児がしやすい社会をめざして活動を続けています。

BSNJapanはWABA(世界母乳育児行動連盟)の承認団体であり、乳児用食品国際行動ネットワーク(IBFAN)のメンバーグループでもあります。


最初は母乳だけ、その後も他の食べ物を補いながら母乳を与え続ける。金色のリボンは、 その「ゴールド スタンダード」、つまり理想のありようの象徴です。

WABA(世界母乳育児行動連盟)とユニセフが共同で提唱している「金色のリボン運動」に参加しています。

Facebook母と子の災害時の育児支援 共同特別委員会

災害時の母乳育児相談