Day3 日本での母乳育児支援活動~乳児用粉ミルク問題を考える会

―城所尚代氏(乳児用粉ミルク問題を考える会代表)の話

工場で粉ミルクがどうやって作られるのか冊子を配布。
粉ミルクの作り方、原料はミルク缶に書いてないし、それを調べるのも大変である。
母乳育児の大切さ、粉ミルクそのものについてきちんと情報を知らされないままでは
きちんと「選択」することができない。
「母乳代用品の販売流通に関する国際規準」の法制化も目指している。
この国際規準には(1981年の段階で)118ヶ国が賛成したが
アルゼンチン・日本・韓国・は棄権、アメリカだけが反対した。
法律の制定には男性が多く関わることもあり、男性に母乳育児について知ってほしい。
城所さんの個人的な友人であるイギリス人女性は
母乳育児についての知識もあり、望んでいたのに、
産後の精神不安定な中でそれを果たせなくなってしまった。
私たちは妊娠中よりもっと前、中学生くらいからの教育が必要だと考え
中学・高校・大学、男子校でも母乳育児について語っている。

 

母乳育児支援ネットワーク(BSNJAPAN)について

母乳育児支援ネットワーク(BSNJapan)はWABA(母乳育児支援行動連盟)を日本で紹介し、日本での母乳育児を支援する活動を行うことを目的として2000年に設立された非営利団体です。 WABAの支援団体として登録されており、母乳育児支援に関心のある方の参加と協力をお待ちしております。

BSNの理事会は医師や助産師などの保健医療専門家のみならず、社会福祉やメディア社会学、法律の専門家、および母乳育児支援団体の母親リーダーなどを含むメンバーで構成されており、母乳育児がしやすい社会をめざして活動を続けています。

BSNJapanはWABA(世界母乳育児行動連盟)の承認団体であり、乳児用食品国際行動ネットワーク(IBFAN)のメンバーグループでもあります。


最初は母乳だけ、その後も他の食べ物を補いながら母乳を与え続ける。金色のリボンは、 その「ゴールド スタンダード」、つまり理想のありようの象徴です。

WABA(世界母乳育児行動連盟)とユニセフが共同で提唱している「金色のリボン運動」に参加しています。

Facebook母と子の災害時の育児支援 共同特別委員会

災害時の母乳育児相談