講座会場の様子とインタビュー -1-

講座会場の様子とインタビュー -2-

▼1/17 Day1▼

01170025-201170005

01170012 01170010 01170025 01170015 01170022 01170020

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼1/18 Day2▼

森永裕美さん ~モニタリング講座に参加しての感想~

日本はまだまだ企業、経済優先になっている。
日本企業の発展、利益優先の影で、他の国々の赤ちゃんが母乳をもらえていないということに憤りを感じるし、またその逆で、他の国ではコードを守っているのに自分たちの国では守っていないというのにも愕然とする。
日本のお母さんたちも、すぐに手に入りやすい状況があるので、安易に人工乳、母乳代用品を使用していると思われる。日本は企業側にもっと厳しくすべきと思う。目先のことではなく、長い目で考えて何が生まれてくる赤ちゃんのために良いことなのかを、みんなで(全ての領域の人々で)もっと考えるべきである。

母乳代用品の販売流通に関する国際規準について、いろいろお話をうかがったが、今まであまりなんとも思っていなかったことが、実は国際規準に違反していることだったのだと知って大変驚いた。
モニタリングはとても地道な作業で、一人一人の協力と理解が必要だが、少しでもモニタリングが反映され、赤ちゃんにとってより良い状況が作られるといいと思う。

0118_kaijo01170020

母乳育児支援ネットワーク(BSNJAPAN)について

母乳育児支援ネットワーク(BSNJapan)はWABA(母乳育児支援行動連盟)を日本で紹介し、日本での母乳育児を支援する活動を行うことを目的として2000年に設立された非営利団体です。 WABAの支援団体として登録されており、母乳育児支援に関心のある方の参加と協力をお待ちしております。

BSNの理事会は医師や助産師などの保健医療専門家のみならず、社会福祉やメディア社会学、法律の専門家、および母乳育児支援団体の母親リーダーなどを含むメンバーで構成されており、母乳育児がしやすい社会をめざして活動を続けています。

BSNJapanはWABA(世界母乳育児行動連盟)の承認団体であり、乳児用食品国際行動ネットワーク(IBFAN)のメンバーグループでもあります。


最初は母乳だけ、その後も他の食べ物を補いながら母乳を与え続ける。金色のリボンは、 その「ゴールド スタンダード」、つまり理想のありようの象徴です。

WABA(世界母乳育児行動連盟)とユニセフが共同で提唱している「金色のリボン運動」に参加しています。

Facebook母と子の災害時の育児支援 共同特別委員会

災害時の母乳育児相談