私たちについて

母乳育児支援ネットワークとは
母乳で子どもを育てることは、赤ちゃんとお母さんにとって最良の方法です。
しかし必要な支援や情報をお母さんが得られなければ、母乳育児を続けることは困難でしょう。
例えば、出産施設で母乳育児に必要な支援がないと、母乳育児のスタートは台無しになってしまいます。
そして、現代社会では人工乳(粉ミルク)が母乳とほとんど変わらないかのような印象を与える乳業会社の宣伝や広告があふれています。

WHOやユニセフでは、出産施設や保健医療従事者が母乳育児をより適切に支援できるように、そして乳業会社が母乳育児の妨げとならないように1980年代から働きかけています。
このような流れを受けて、WHOやユニセフと連携して活動する国際的なNGOも多く生まれています。
母乳育児支援ネットワークはその中でも中心的な存在であるWABAとIBFANの日本国内の活動グループとしてがんばっています。

わたしたちはめざします ~母乳育児支援ネットワークの目標~
●すべての女性が「母乳で子どもを育てられる」という自分の力を誇りに思えるような社会になること
●母乳育児をしていく上で必要な情報や支援が、いつでも、どこでも、どんな状況でも得られるような社会になること
●「女性が自分のからだについて決定する権利」のひとつとして、母乳で育てることが尊重されるような社会になること
●母親と赤ちゃんの家族だけでなく、社会全体が母乳育児を理解し、尊重するような社会になること
●乳業会社や乳児用食品メーカーが、母乳だけでは不十分であるといわんばかりの販売促進活動をしない社会になること
●日本がアジアの母乳育児の保護・推進・支援のために貢献できるような国になること

こんな活動をしています
●インターネットサイトでの情報提供
●世界母乳育児週間の毎年のテーマにあわせたパンフレットの発行
●母乳育児支援に関するセミナー等の開催
●WABAやIBFANの冊子等の翻訳・発行
●母乳育児の支援を目的として活動する国際NGOや国内のグループとの連携
東京都国際交流委員会のサイト内(財)東京国際交流財団(当時)の機関紙「れすぱすTOKYO」で記事を紹介されていました。現在は閲覧できません。
ネットワークの活動倫理
母乳育児支援ネットワークは、母乳代用品やそれらに関連する製品を作ったり売ったりする企業からの寄付や協力は一切受けません。
母乳代用品やそれらに関連する製品には、乳児用人工乳(粉ミルク)、フォローアップミルク、哺乳びん、人工乳首、搾乳器などを含みます。

母乳育児支援ネットワーク(BSNJAPAN)について

母乳育児支援ネットワーク(BSNJapan)はWABA(母乳育児支援行動連盟)を日本で紹介し、日本での母乳育児を支援する活動を行うことを目的として2000年に設立された非営利団体です。 WABAの支援団体として登録されており、母乳育児支援に関心のある方の参加と協力をお待ちしております。

BSNの理事会は医師や助産師などの保健医療専門家のみならず、社会福祉やメディア社会学、法律の専門家、および母乳育児支援団体の母親リーダーなどを含むメンバーで構成されており、母乳育児がしやすい社会をめざして活動を続けています。

BSNJapanはWABA(世界母乳育児行動連盟)の承認団体であり、乳児用食品国際行動ネットワーク(IBFAN)のメンバーグループでもあります。


最初は母乳だけ、その後も他の食べ物を補いながら母乳を与え続ける。金色のリボンは、 その「ゴールド スタンダード」、つまり理想のありようの象徴です。

WABA(世界母乳育児行動連盟)とユニセフが共同で提唱している「金色のリボン運動」に参加しています。

Facebook母と子の災害時の育児支援 共同特別委員会

災害時の母乳育児相談