カテゴリー: リソース

母乳はアレルギーを予防する

これは、1998年当時、厚生省のアトピー性疾患実態調査報告書の調査結果を用いて「ダイオキシン問題を考える会」などが主張していた「母乳の方がアトピーになりやすい」という説について反論するために発表されたものです。

———————————————————————————————-

国際認定ラクテーションコンサルタント 本郷寛子(世田谷区)1998年発表

最近、よく耳にする俗説に「日本人の母乳にはダイオキシンがたくさん含まれているせいで、母乳児にアトピーが多い」というものがあります。
「ダイオキシン問題を考える会」は、平成4年度の厚生省の調査をもとに母乳児と人工乳児のアトピー発症率なるグラフを作成しています。
このグラフをもとに、専門家でさえが「生まれたときからのアトピーが母乳だと6.8%」だとか、「人工乳だと6.1%」だという説明をしているのを見受けます。
私は、そのグラフを見て、素朴な疑問を抱きました。
ひとつは、生まれたときから、母乳児と人工乳児にあんなに差があるように見えるのはなぜだろう、ということ。
もうひとつは、アトピーの診断は、生まれてすぐにはできないのではないかということでした。

母乳児ほどアトピーが多い?

(『平成4年度厚生省アトピー性疾患実態調査報告書』より「ダイオキシン問題を考える会」が作成したというグラフ)

K-2

こういう場合は原典にあたるのが一番です。早速、厚生省の図書館で資料にあたってみました。
そうしたら、これは乳児健診、1歳半健診、3歳児健診でアトピー性皮膚炎と診断された子どもが、さかのぼって何ヵ月から何ヵ月まで母乳だったかを聞いた質問の答えをもとにして作成されたものだったのです。
0ヵ月児の6.8%がアトピーなのではなく、0ヵ月で母乳だった子どもの6.8%が、のちの健診でアトピーと診断されたということ、つまりは、最初に母乳だった子どもの93.2%は、アトピーにはならなかったということだったのです。
「ダイオキシン問題を考える会」作成のグラフは、縦軸を6, 6.5, 7, 7.5, 8と細かくとってあるのでまるで有意があるように見えますが、100%を軸に考えれば差があるほどではありません。
縦軸をおおきくとってみると?

(上と同じグラフの縦軸を最大値45%で作りなおしたもの)

K-1

また、長く飲むほどアトピーが増えるかのように解釈する人がいます。
ちょっと待ってください。アトピーの子どもが長く母乳を飲むのは、牛乳や人工乳が飲めないアレルギー児に必要だからなので当然のことです。
高血圧と塩分の制限食の関係を調べ、高血圧の人の多くはそうでない人に比べ、塩分を控えているから「塩分を控えると高血圧になる」と言っているようなものです。

しかも、厚生省の設問では入院中の人工乳の使用の有無は問うていません。

母乳がアレルギーにいいというのは昔のことだと主張する人もいますので、最近の海外の研究を紹介しましょう。
まず、17歳のまでのアトピー(この場合はアレルギー全般)と母乳育児の長さを調べたLancet vol. 346: 1067, 1995。
長く飲ませるほど特にひどいアレルギーを防ぐということが明らかです。
母乳を飲まないか、1ヵ月間しか飲んでないとアレルギー率が高くなるのがわかります。
また、アレルギーの家系のある5歳の喘息と花粉症を調べたPediatr Allergy Immunol 1994:5:26-28。
6ヵ月完全母乳の場合と3ヵ月で離乳食を始めた場合を比べると、離乳食が早いほうがアレルギー率が高いことがわかります。
Pediatrics, vol 94, 895-901, 1994では、母乳以外のもの(人工乳も含む)を早期に与えるとアレルギー性鼻炎発症の危険を高めるとわかりました。
これらの調査の「母乳」とは「完全母乳」をさしていますが、日本では、アレルギーを持つ子どもがどこまで「完全母乳」だったかの調査はありません。

そこで、「食物アレルギーを持つ親の会」にご協力いただき、アトピーと母乳育児に関する調査(1998年)をしてみました。
227人の母親からのアンケート(無記名)が集まり、一人目と二人目について、母乳育児関連の設問を聞きました。
227人のうち、二人目がいる方は157名でした。両親ともアレルギーなのは、62.6%、どちらかの親のみアレルギーなのは30.4%ですので、9割以上の子どもは親がアレルギーだとわかります。
いくつか質問をしたうちで、特に重要な結果を得られたものを抜粋してご紹介しましょう。

子どもが二人いる場合、どちらがアトピーが強いか、という質問では、上の子と答えたのが、41.4%、下の子と答えたのが、49.1%、同じくらいと答えたのは、7.0%でした。
アトピーの原因が、もし本当にダイオキシンのせいならダイオキシン摂取量の多い上の子どもの方がアトピーが強くなるはずですが、結果は下の子の方が少し多くでました。
余談ですが、平成4年度の厚生省の調査でも、二人目にややアトピーの診断が多いのがわかっています。

 

hongo21

それでは、アレルギーを持つ子どものうちどのくらいが、生後すぐの完全母子同室で、完全母乳だったのでしょうか。
一人目の生後30分以内の母子同室率は、わずか5.3%です。
完全母乳となると、さらに減って4%。母乳+糖水を足しても母乳は、たった32.6%、63%の子どもがすでに入院中に人工乳を飲んでいるのがわかります。

母子同室の有無と入院中の母乳〔一人目〕

hongo22

母子同室の有無と入院中の母乳〔二人目〕

hongo23

さらにおもしろいことに、上と下を比べて下の子どもが軽い(上の子の方が強い)場合、下の子は、66.2%が母乳か母乳と糖水のみで、人工乳を足す割合が24.6%に減っています。
反対に二人目の方が強い場合は、母乳(母乳か母乳と糖水)は、37%しかなく、人工乳を飲ませる割合が、上の子が重い場合の2倍の49.4%にものぼります。(p<0.01)

合計
上段:実数
下段:%
アトピーの強弱
全体上の子二人目 同じ位無回答
157
100.0
65
100.0
77
100.0
11
100.0
4
100.0








完全母乳34
21.7
17
26.2
13
16.9
4
36.4

糖水は飲んだが人工乳はなし 48
30.6
26
40.0
18
23.4
3
27.3
1
25.0
人工乳 59
37.6
16
24.6
38
49.4
4
36.4
1
25.0
アレルギー用人工乳 10
6.4
6
9.2
4
5.2


全く母乳はなし 3
1.9

2
2.6

1
25.0
無回答 3
1.9

2
2.6

1
25.0

次に病院で人工乳をプレゼントされたかの有無と3ヵ月以内の人工乳の使用を調べました。

一人目では全体の75%(3分の2)がもらっていて、しかも、もらった人の9割が3ヶ月以内に人工乳を一回以上飲ませています。

二人目になると、その相関関係はもっと顕著です。
二人目に全体の半分強(55.4%)がもらっているのですが、3ヵ月以内に人工乳を飲ませた人の約8割が人工乳のプレゼントをもらっているのに対し、人工乳のプレゼントをもらっていないか断った人の約7割の人は3ヶ月以内に人工乳を飲ませていません。
言い替えれば、3ヶ月以内に人工乳を飲ませていない人の約7割が、プレゼントをもらっていないか断わっています。

つまり、もらえば使う。もしくは、病院の方針が完全母乳率を大きく左右していることがわかります。

病院での人工乳プレゼントの有無と3ヵ月以内人工乳の有無〔二人目〕

hongo27

それでは、人工乳の使用とアトピーの相関関係はどうでしょうか。

こどもが一人目の時には、二人のうち、上の子が強いと答えたうち、上の子の81.5%が人工乳を飲んでいます。また、同じくらいと答えた人(11名)の全員の上の子が人工乳を飲んでいます。
ところが、こどもが二人目になると、下の子のほうが軽い(上の子の方が強い)と答えた人の33%しか人工乳を飲んでいない。
つまり6割が3ヵ月以内に人工乳を一回も飲んでいないことがわかります。
二人目の方が強い場合は、下の子の3分の2が人工乳を飲んでいます。(p<0.01)

アトピーは母乳で起こるのではなく、むしろ母乳にはアトピーを軽減する働きがあること、人工乳こそがアレルギーを起こしているという構図が見えてきます。

二人の子のアトピーの強弱別にみた一人目の3ヶ月以内の人工乳の有無 n=227

hongo25

二人の子のアトピーの強弱別にみた二人目の3ヶ月以内の人工乳の有無 n=157

hongo26

繰り返しますが、ダイオキシンに汚染された世界でも母乳育児は最善の選択なのです。
それは、アレルギー予防という面でもその真実は変わりません。

〔これは最初、「食物アレルギーの子を持つ親の会」のサイトのために作られたものです。転載を許諾してくださった同会に感謝いたします。〕
図表作成協力:高橋万由美

 

NOWの母乳育児支援宣言

NOW(National Organization for Women)とは、アメリカ最大規模の女性支援団体です。1966年の設立以来、法律・社会・政治・経済などあらゆる場面での性差別撤廃をめざして活発な運動を繰り広げています。

NOWはAAP(アメリカ小児科医協会)の母乳育児推奨方針を歓迎します。 

NOWは職場や社会が母乳育児についての母乳育児推進のこのような方針を支援するように求めます。

1997年12月3日

アメリカ小児科学会(American Academy of Pediatrics recommendations)による母乳育児の重要性について認識を高めるために必要な方針についての声明に関連して、 NOW(National organization of Women-はアメリカで最大の女性団体。1970年代からアメリカのフェミニスト運動の中心的な役割を担ってきた)活動副会長のエリザベス・トレドは、職場や社会がもっとこの声明に注目するよう訴えました。

「昨日、医学界がより長い母乳育児を支持する発言をしたことは進歩のしるしです。なぜなら、私たちの母の代の女性の多くは赤ちゃんを母乳で育てないように強い圧力を受けていたからです」
とトレドは語りました。
事実、トレドが最初の赤ちゃんを妊娠した時に参加した母親学級では「あなたのお母さんは母乳育児をしていましたか」という問いに「イエス」と答えたのは唯一トレドだけだったそうです。

「AAPの発表は、女性たちが自分自身と赤ちゃんの健康について、重要な決定をするための情報をより多く与えてくれるものです」
とトレドは語りました。
多くの女性に対するバリアに言及することで、トレドはビジネス界がこの小児科医の指摘を実行する助けをしてくれるように要請しています。

例えば、なぜ母乳育児をしている母親は職場で必要な設備や場所を提供されることがないのでしょうか?
「母乳をあげたり搾乳したりするために、女性がトイレや廊下の影に隠れる必要がなくなってやっと、私たち女性は母親という仕事に対しての心からの尊敬の念を得ることができるでしょう」
とトレドは語っています。

トレドはまた、母乳で育てるという選択は個人個人の選択であって、要因はひとりひとりの母親によって違っているとして医学的な発見を的確な文脈において考えることを世間に対して期待しています。

「母乳育児が難しいと思うのには、経済的な理由、物理的な理由、健康上の理由などがあり、人によって様々です。
これらの障害を乗り越えられる人もいれば乗り越えられない人もいるでしょう。
赤ちゃんの健康のケアのうちのこの一点のみについてどのような選択をしたかによって、今回発表された内容を、ある母親は『良い母親』」で他の母親は『悪い母親』だと判定するための道具にするべできありません」

NOWの副会長、キム・ガンディも同様の考えを示しています。
「私は娘たちを母乳で育てました。
それは母乳で育てることを可能にしてくれるような会社に勤めていたからです。
しかし、多くの会社はあのような配慮はしてくれませんし、中には母乳育児が絶対できないような手段をあえてとるような会社もあります」

ガンディは、世間一般がもっと母乳育児を認めて、搾乳やプライベートなスペースや母乳育児をするお母さんのために適切な育児時間を用意するように圧力をかけることで、今、母乳育児を難しくしているような障害のいくらかは解消されるだろうと述べています。

 

NOWのサイトで紹介されている原文はこちら

サポーターチェックリスト解説

「この人は私が母乳をあげるための応援団になってくれるかしら??」
医療・保健関係者が、あなたの母乳育児を支援してくれるかのチェック・ポイント

チェック表はこちら

「私は母乳育児を支持しています」と言わない医療・保健関係者はいません。
しかし、そういう人たちの多くは、母乳育児がうまくいっているときは応援してくれますが、中にはうまくいっているときでさえ応援してくれない人もいます。
以下は、医師・看護師・助産師・保健師があなたの母乳育児を応援してくれるかどうかをチェックするためのリストです。

 

1.その人は、妊娠中や出産後に人工乳のサンプルや乳業会社が作ったパンフレットをくれましたか?

これらのサンプルはや文書は、そこの製品を使ってもらおうとして作られたものです。
サンプルや文書で製品を使ってもらおうとすることを販売促進といいます。
どこの会社の製品が、どこの会社の製品よりもいいとか悪いとかいう明白な根拠はありません。
サンプルについてくる文書やビデオは、静かに、そして暗に、母乳育児をおとしめ、人工乳を賛美しようとするものです。
もしこのことが信じられないのだったら,自分自身にこう尋ねてみてください。
なぜ粉ミルク会社は、他の会社ではなく、その会社のパンフレットやサンプルを医師や病院が配ってくれるように、そんなに苦心しているのか?
粉ミルク会社の自社製品の販売促進に対抗して、保健・医療関係者が母乳育児を販売促進しないのはなぜなのか?

2.その人は「母乳と人工乳は基本的には同じです」とあなたに言いましたか?

粉ミルクで育てられた赤ちゃんのほとんどは、健康に育っていますし、母乳で育てられた赤ちゃんの中にも病気になってしまう赤ちゃんもいます。
しかし、だからといって、母乳と粉ミルクは基本的には同じであるとはいえません。
粉ミルクというのは、ここ数年の間に私たちが母乳について知ったことを、大雑把に真似したものにすぎません。
そして私たちは母乳について、そのすべてを知ったとはまだいえず、常に、その成り立ちについての新しい発見に驚かされている段階です。
この違いは健康に重要な違いをもたらします。
母乳の中のある種の要素は、人工乳には含まれませんし、その中には、ここ数年になってはじめてその重要性を私たちが認識したようなものも含まれています。
例えば、抗生物質や感染から赤ちゃんを守る免疫物資、赤ちゃんの視覚や脳の発達を促す長鎖多価不飽和脂肪酸(long chain polyunsaturated fatty acid)などです。
そして、母乳育児は粉ミルクを与えることと同じではありません。
全く違う赤ちゃんとお母さんの関係なのです。
母乳を与えられなかったとしたら、(ほとんどの場合、母乳を与えられないという事態は避けられたはずなのですが)それは不幸なことですが、それは子どもを育てることに影響があるとか、悪いことだとかいうことではないのです。
子どもが幸せに育っていくために母乳育児が絶対必要ということではありませんが、母乳育児は有利なのです。

3.その人は、ある特定の会社の名前だけをあげて「○○会社の人工乳が一番です」とあなたに言いましたか?

こういう人はどんな人でしょうか?
ある特定の会社の営業の話だけを聞きすぎている人ではないでしょうか?
または、その人の子どもがその会社の粉ミルクを他の会社のものよりは好んだということかもしれません。
その人が、自分が持つある会社に偏った見方を克服していないのかもしれません。

4.その人は「赤ちゃんには出産直後に母乳をあげる必要はない」とあなたに言いましたか?

もしかして、出産で疲れていて、赤ちゃんが母乳にあまり関心を持っていないこともあるかもしれません。
絶対に必要ではないかもしれませんが、母乳育児を続けていくための助けになります。
赤ちゃんはお母さんが横になったり、寝ている間でも、母乳を吸うことができます。
ただし、ほとんどのお母さんは、このような瞬間に寝ていられないと思うものですが。
赤ちゃんは必ずしもすぐにおっぱいに関心を示さないものです。
しかし、だからといって赤ちゃんとお母さんの最初の授乳という貴重な機会を無駄にする理由にはなりません。
多くの赤ちゃんは、出産から1時間から2時間のうちに吸いつこうとし、これがうまくスタートするのに最適な機会です。
しかし、お母さんから離されていたとしたら、このタイミングを逃してしまいます。

5.その人は「人工乳首を使うと赤ちゃんが混乱して母乳育児が難しくなるなんてことはない」とあなたに言いましたか?

「人工乳首を使っても母乳育児が難しくなるなんてことはないし、むしろ赤ちゃんが人工乳首に慣れるように早く哺乳瓶も使った方がいいよ」と言われたことがある人も多いでしょう。
もし、人工乳首による混乱という問題がないとしたら、なぜそんなに早く哺乳瓶を使わなければならないのでしょうか?
乳首の混乱なんて問題はないという議論は本末転倒です。
人工乳首による混乱が問題なのではなく、問題にされるべきなのは人工的に作られた乳首そのものなのです。
人間が作るまではどんな哺乳類も用いたことがなく、その人間でさえ、19世紀末までは使うことがなかった、人工乳首の問題なのです。

しかし、人工乳首が母乳育児にとって害がないとは証明されてはいません。
人工乳首が害がないと考えている保健・医療関係者は、乳児栄養の正常な手段は母乳育児ではなく、粉ミルクで育てることが正常だと世界を捉えているようです。
もし、人工乳首を使った赤ちゃんの多くが母乳育児に問題があるとしても、人工乳首だけが理由だとも考えられません。
問題には複雑にいくつかの要因がからんでおり、人工乳首の使用は、問題であるとはいえその一つにすぎないのです。

人工乳首を使うことによる乳首の混乱* 人工乳首を赤ちゃんが吸うことで、お母さんの乳首を嫌がったり、人工乳首での違う吸い方が影響して母乳をうまく吸えなくなってしまう問題を指します

6.その人はあなたや赤ちゃんが病気のときに「病気だから母乳はやめなければいけません」とあなたに指導しましたか?

「病気だから母乳はやめなければいけません」とか、「お母さんが薬を飲む間は赤ちゃんに母乳をあげてはいけません」とか「医療的な検査を受ける必要があるから、赤ちゃんに母乳をあげてはいけません」ということもよく聞かれます。
母乳を与えてはいけない場合は、非常にまれなケースなのですが、医療・保健関係者は、何がなんでもだめ、あげたいなんていう母親がまちがっている、と考えがちです。
母乳育児を支援している保健・医療関係者は、いかにして母乳育児に影響がでないようにするかを考えてくれるものです。
(薬物ガイドをみるというのはあまりよい考えではありません。ほとんどの薬品会社はお母さんと赤ちゃんの健康を守るよりも、責任の追求から自分たちを守ることの方に関心があるからです。)
お母さんが薬物治療をしなければならないとき、保健・医療関係者は授乳をやめないでいいような薬を使おうとします。
(事実、授乳をやめなければならない薬の方が圧倒的に少ないのです)
ひとつの病気のために、一種類の薬しかないということはめったにありません。
保健・医療関係者の最初の選択が、授乳中止をあなたに迫るような選択であれば、その人は母乳育児の重要性について考えも及ばない人だと考えるの十分な理由があるといえるでしょう。

7.その人は生後6ヵ月以上の子どもにあなたが母乳をあげているのを知って驚きましたか?

多くの医療・保健関係者は、粉ミルクで育てられている赤ちゃんの場合には、少なくとも9ヵ月、長い場合は12ヵ月は与えるべきだと信じています。
しかし、なぜか母乳については、6ヵ月以上与える必要はないとか、かえって害になると信じているようです。
模造品がオリジナルより優れているということがありえるでしょうか?
このことの意味をよく吟味してみてください。
世界中のほとんどの国で、2歳から3歳まで母乳を与え続けることは、一般的で普通のことです。

8.その人は生後6ヵ月以降は母乳には何の栄養もないとあなたに言いましたか?

もしそれが正しいとしても、それでも母乳で育てるということの価値が減ってしまうことはないでしょう。
母乳育児は、「母乳」がないとしても、二人の人と人の間の愛を通した相互作用のプロセスだからです。
しかし、母乳には何の栄養もないというのはまちがいです。
母乳は、6ヵ月たとうが母乳ですし、脂肪、たんぱく質、カロリー、ビタミン、免疫物質や他の赤ちゃんを感染から守る物質を含んでいます。
中には、大きくなってからの方がより多く含まれる物質もあります。

9.その人は添い寝しながら授乳するなんてとんでもないとあなたに言いましたか?

なぜだめなのでしょうか?
母乳をあげなくても赤ちゃんが眠りに落ちるようならそれはそれで結構なことですが、母乳育児の利点のひとつは、赤ちゃんが眠るために便利な道具になるということです。
世界中のお母さんは、人類の歴史始まって以来、添い寝しながらおっぱいをあげてきたのです。
子育ての大きな喜びのひとつは、赤ちゃんを胸に抱いてその暖かさを感じながら、赤ちゃんが眠ってしまうのを感じていることです。
赤ちゃんにとっての、母乳育児の楽しさのひとつは、おっぱいを飲みながら胸で眠ることでしょう。

10.その人は、赤ちゃんが病気で入院しているときに「あなたが休むことが大事だから授乳のために病院に泊まったりしないでください」とあなたに言いましたか?

あなたが十分休むことはもちろん大事なことですが、母乳育児を支援している病院は、母乳育児を続けながら、病院であなたが十分に休養がとれるような配慮をしてくれるものです。
病気や障害を持っている赤ちゃんは、母乳を健康な赤ちゃんより必要としていないということはありません。
健康な赤ちゃんよりももっと必要としているのです。

How to Know a Health Professional is not Supportive of Breastfeeding

Written by Jack Newman, MD, FRCPC(翻訳 高橋万由美)
(母乳育児支援ネットワーク http://www.bonyuikuji.net/)

配布の許可は要りませんが、必ず上記のクレジットとともに配布してください。
配布の折には、配布する人・団体名・場所・対象・枚数・その他ご意見や感想を母乳育児支援ネットワークまでお知らせ頂ければ幸いです。

母乳育児サポーターチェックリスト

「私は母乳育児を支援しています」と言わない医療・保健従事者はいません。
しかし、そういった人の中には正確な知識や情報を持っていなかったり、自分のやり方を押し付けてしまったりする人もいますし、支援のための具体的な方法がわからない人もいます。
以下は、医師・看護師・助産師・保健師など医療・保健従事者が、あなたの母乳育児を応援してくれるサポーターかどうかをチェックするためのリストです。
あなたが今までに出会った人をチェックしてみませんか?

各項目の 番号をクリックすると、それぞれの解説へジャンプします

サポーターチェックリストを配布する場合は、解説と共にご利用ください

1.その人は、妊娠中や出産後に人工乳のサンプルや乳業会社が作ったパンフレットをくれましたか?
2.その人は「母乳と人工乳は基本的には同じです」とあなたに言いましたか?
3.その人は、ある特定の会社の名前だけをあげて「○○会社の人工乳が一番です」とあなたに言いましたか?
4.その人は「赤ちゃんには出産直後に母乳をあげる必要はない」とあなたに言いましたか?
5.その人は「人工乳首を使うと赤ちゃんが混乱して母乳育児が難しくなるなんてことはない」とあなたに言いましたか?
6.その人はあなたや赤ちゃんが病気のときに「病気だから母乳はやめなければいけません」とあなたに指導しましたか?
7.その人は生後6ヵ月以上の子どもにあなたが母乳をあげているのを知って驚きましたか?
8.その人は生後6ヵ月以降は母乳には何の栄養もないとあなたに言いましたか?
9.その人は添い寝しながら授乳するなんてとんでもないとあなたに言いましたか?
10.その人は、赤ちゃんが病気で入院しているときに「あなたが休むことが大事だから授乳のために病院に泊まったりしないでください」とあなたに言いましたか?

母乳育児支援ネットワーク(BSNJapan)について

母乳育児支援ネットワーク(BSNJapan)はWABA(母乳育児支援行動連盟)を日本で紹介し、日本での母乳育児を支援する活動を行うことを目的として2000年に設立された非営利団体です。 WABAの支援団体として登録されており、母乳育児支援に関心のある方の参加と協力をお待ちしております。

BSNの理事会は医師や助産師などの保健医療専門家のみならず、社会福祉やメディア社会学、法律の専門家、および母乳育児支援団体の母親リーダーなどを含むメンバーで構成されており、母乳育児がしやすい社会をめざして活動を続けています。

BSNJapanはWABA(世界母乳育児行動連盟)の承認団体であり、乳児用食品国際行動ネットワーク(IBFAN)のメンバーグループでもあります。

最初は母乳だけ、その後も他の食べ物を補いながら母乳を与え続ける。金色のリボンは、 その「ゴールド スタンダード」、つまり理想のありようの象徴です。

WABA(世界母乳育児行動連盟)とユニセフが共同で提唱している「金色のリボン運動」に参加しています。

Facebook 災害時の母と子の育児支援 共同特別委員会

ページ上部へ戻る