発売開始!「災害時の母乳育児相談第5版」

災害時の母と子の育児支援 共同特別委員会制作「災害時の母乳育児相談第5版」発売開始!

「災害時の母乳育児相談~援助者のための手引き」第5版 A5 76ページ

今回は以下を改訂しました。
●「地震や水害にあった母乳育児中のお母さんへ」
「お母さんを援助している方、及び、メディア関係の方へのお願い」
「被災者の救援にあたっている方へ」
↓↓↓
「災害時の赤ちゃんの栄養(2018年版)」(災害時に赤ちゃんを育てているお母さんに届けたい情報), 母乳育児支援連絡協議会「災害時の乳児栄養に関する指針 改訂版(2018年)」に差し替え
●  災害時の母乳育児相談ーよく聞かれる質問(FAQ) 2,5,7,11を改訂
●「災害時の母乳育児支援に関する参考文献一覧」を2018年7月現在に

災害時の乳児栄養はスフィア基準にも言及されており、今後その重要性がますます喚起されるものと思われます。

価格 1冊 500円  送料 5冊まで180円
※災害時の母と子の育児支援 共同特別委員会発行の書籍のため、BSN会員割引の対象ではありません。ご了承ください。

母乳育児支援ネットワーク(BSNJapan)について

母乳育児支援ネットワーク(BSNJapan)はWABA(母乳育児支援行動連盟)を日本で紹介し、日本での母乳育児を支援する活動を行うことを目的として2000年に設立された非営利団体です。 WABAの支援団体として登録されており、母乳育児支援に関心のある方の参加と協力をお待ちしております。

BSNの理事会は医師や助産師などの保健医療専門家のみならず、社会福祉やメディア社会学、法律の専門家、および母乳育児支援団体の母親リーダーなどを含むメンバーで構成されており、母乳育児がしやすい社会をめざして活動を続けています。

BSNJapanはWABA(世界母乳育児行動連盟)の承認団体であり、乳児用食品国際行動ネットワーク(IBFAN)のメンバーグループでもあります。

最初は母乳だけ、その後も他の食べ物を補いながら母乳を与え続ける。金色のリボンは、 その「ゴールド スタンダード」、つまり理想のありようの象徴です。

WABA(世界母乳育児行動連盟)とユニセフが共同で提唱している「金色のリボン運動」に参加しています。

Facebook 災害時の母と子の育児支援 共同特別委員会

ページ上部へ戻る