投稿者: bsn-admin

Day3 日本での母乳育児支援活動~乳児用粉ミルク問題を考える会

―城所尚代氏(乳児用粉ミルク問題を考える会代表)の話

工場で粉ミルクがどうやって作られるのか冊子を配布。
粉ミルクの作り方、原料はミルク缶に書いてないし、それを調べるのも大変である。
母乳育児の大切さ、粉ミルクそのものについてきちんと情報を知らされないままでは
きちんと「選択」することができない。
「母乳代用品の販売流通に関する国際規準」の法制化も目指している。
この国際規準には(1981年の段階で)118ヶ国が賛成したが
アルゼンチン・日本・韓国・は棄権、アメリカだけが反対した。
法律の制定には男性が多く関わることもあり、男性に母乳育児について知ってほしい。
城所さんの個人的な友人であるイギリス人女性は
母乳育児についての知識もあり、望んでいたのに、
産後の精神不安定な中でそれを果たせなくなってしまった。
私たちは妊娠中よりもっと前、中学生くらいからの教育が必要だと考え
中学・高校・大学、男子校でも母乳育児について語っている。

 

Day3 日本におけるIBCLCの活動

-瀬尾智子氏(日本ラクテーション・コンサルタント協会)

IBCLCとは?
International Board Certified Lactation Consultant
(国際認定ラクテーション・コンサルタント)
母と子に質の高い母乳育児支援を提供するのに必要な、一定水準以上の技術・知識・態度を持つヘルスケア提供者のこと。
IBLCE(ラクテーション・コンサルタント資格試験国際評議会)によって実施される世界共通試験に合格することによって得られる資格を有する。
IBCLCの役割(1)
( Competency Statementsより)
1.出生前から生後1年以上の期間にかかわる様々な状況でのラクテーションについて、包括的なコンサルテーションと教育を行う優れた技術と知識を有する。

IBCLCの役割(2)
2.母乳育児のケアを行うために、以下の総合的な知識を有する。
解剖学・生理学・内分泌学・栄養学・生化学・免疫学・感染症学・病理学・薬理学・毒物学・心理学・人類学・子どもの成長と発達・統計学・倫理と法律的問題・母乳育児に関する技術・公衆衛生学

IBCLCの役割(3)
3.母乳育児のサポートの際、パーソナリティについての知識、カウンセリングの技術、家族・集団理論を応用できる。
4.母乳育児の文化的・心理的・栄養学的・薬理学的な観点を総合的に踏まえ、ラクテーションのコンサルタントを行うことができる。
5.クライアントと医療者との間に立ち、適切なコミュニケーションの技術を使用できる。

IBCLCの役割(4)
6.家族の個別性を大切にするケア、クライアントの自主性、情報が十分示された上での意思決定と適切な医療ケアを尊重し、クライアントとの間に協力的な支援関係を築く。
7.地域や職場、医療専門家のなかにおいて、母乳育児を支持するように行動する。

IBCLCの役割(5)
8.クライアントや医療者、地域への教育活動において、成人学習の理論を実践することができる。
9.実際の応用に適切かどうかを判断できるように、最新の研究結果を解釈することができる。

IBCLCの役割(6)
10.フォローアップの計画をたて、他のヘルスケア提供者や地域の支援組織に適切な照会を行い、ヘルスケアチームの一員として職務を果たすことができる。
11.クライアントの包括的な記録を残す。

IBCLCの役割(7)
12.専門家の倫理コード、地域の法律やコードを遵守し、適切な衛生水準を維持する。
13.WHOの母乳代用品の販売流通に関する国際規準に概説されている医療従事者のためのガイドラインを遵守する。
14.適切で規則的な継続教育により知識と技術を維持し深める。

IBCLCになるには?
受験資格:
・看護職では、教育背景が4年以上の場合、最低2500時間、短大卒の場合は最低4000時間、臨床医の場合は最低900時間、それ以外の背景の場合はそれぞれに応じて、母乳育児コンサルタントの経験があり
・受験日から遡って3年以内に母乳育児支援に関する専門教育を45時間以上受けていること。
試験:
7月の最終月曜日に全世界共通試験が行われる。

日本のIBCLC
日本人IBCLC第1号は1995年に認定
2003年1月現在、日本語を第一言語とするIBCLCは39人
海外在住日本人IBCLCは5人
英語を第一言語とする日本在住IBCLCは3人

日本のIBCLCの背景
(日本在住外国人IBCLC・海外在住日本人IBCLCを含み、資格は重複)
助産師  27名
看護師  2名
保健師  7名
小児科医 7名
産科医  3名
ラ・レーチェ・リーグ・リーダー6名
弁護士  1名
ソーシャルワーカー 1名

日本におけるIBCLCの必要性(1)
母乳育児支援に関して、IBCLCと従来からの助産師の関わり方は重なり合う部分も多い。
しかし、様々な専門家の行う「指導」には、知識の正確さや技能に差があり、必ずしもすべてが効果的ではない上に母親を混乱させる場合がある。

日本におけるIBCLCの必要性(2)
母乳育児支援に関わる専門家の質を一定の水準に保ち、ケアの受け手である母と子、そして家族に良質な母乳育児支援を提供するために、資格を設定。
専門職としての背景に関わらず、母乳育児支援のためのEBMを基にした共通の知識基盤と支援技術を持っているのがIBCLC。

日本のIBCLCの活動
(JALC正会員のアンケート調査より)
実際の母乳育児支援(施設内や個人で)
同僚や他の専門職へ母乳育児支援についての情報を提供
講演
執筆
教育
インターネットなどでの情報発信

日本ラクテーション・コンサルタント協会
Japanese Association of Lactation Consultants(JALC)とは
IBCLCおよび母乳育児支援に関わる専門家からなる非営利団体。
1999年に有志によって設立。
IBCLCの国際組織である国際ラクテーション・コンサルタント協会(ILCA)の姉妹団体。
正会員はIBCLC。賛助会員は約400名。

JALCの主な活動
学習会の開催
スタンダードな情報の提供
国内外からの情報の紹介
国内外の母乳育児支援団体との交流
IBCLCとしての情報発信
http.//www.jalc-net.jp/
参考文献
井村真澄:国際認定ラクテーション・コンサルタント(IBCLC)について. 助産婦雑誌, 56(6):9-15, 2002
瀬川雅史訳:Competency Statements( Candidate Information Guide and Application Booklet, 1999)より
大山牧子:JALC正会員アンケートより

いずれも著者の了解を得て、一部改変。
協力してくれたJALCの仲間全員に感謝します。

Day3 GIMS for Breastfeeding

~The Global Initiative for Mother Support

GIMS for Breastfeeding, a global initiative coordinated by the Mother Support Task Force of the World

Alliance for Breastfeeding Action (WABA), aims to create the appropriate environment of awareness and support for a mother to initiate and sustain breastfeeding. As defined by GIMS, mother support is any support provided to mothers for the purpose of improving breastfeeding practices for both mother and baby.
The support needed varies from woman to woman but generally includes encouragement, accurate and timely information, humane care during childbirth, advice, reassurance, affirmation, hands-on assistance,and practical tips.

Moral and social support is needed from many persons in different places. Women need the support of professional health providers, employers, friends, family and the community. Conditions need to be created during pregnancy, birth and lactation so that women can safely carry healthy babies to term and give birth in the company of those they select to share this experience. Employed women should receive support for practicing exclusive breastfeeding for the first six months and continued breastfeeding after the introduction of complementary foods.

GIMS is based on an approach that respects human rights and women’s reproductive rights. This approach calls for men’s participation and community involvement. GIMS emphasizes gender-sensitive support services, women’s right to good prenatal education and care, and respectful and women-centered birthing practices that give an appropriate and adequate measure of control to women. GIMS recognizes the role of experienced women in the community who can share their wisdom on health, food and medicine.

While broad in scope, the Global Initiative for Mother Support for Breastfeeding is further defined by networks of individuals and organizations concerned with breastfeeding support. Some groups may focus on strengthening community support systems, others on mother-to-mother support, support groups, or health services.

Background Information on GIMS for Breastfeeding In 1990, policy makers from 31 governments, representatives of ten UN agencies, and other participants at a WHO/UNICEF meeting adopted the Innocenti Declaration on the Protection, Promotion, and Support of Breastfeeding. During the decade of the 90’s, the Innocenti Declaration provided momentum for the global breastfeeding movement, particularly in launching the Baby-Friendly Hospital Initiative and
strengthening implementation of the International Code of Marketing of Breastmilk Substitutes.
The Innocenti Declaration also served as the driving force for setting international targets (particularly for policy issues and health services), increasing support for working women and establishing national breastfeeding committees.

In reviewing the current state of breastfeeding, WABA identified areas that need reinforcing. The Baby-Friendly Hospital Initiative (BFHI), focused on the infant, does not sufficiently address the needs of women.
It is time to make BFHI more “mother friendly” by ensuring that antenatal, labor, delivery and postnatal care for the mother supports a woman’s health and well being, recognizing that such care also supports optimal breastfeeding. Pregnant women and those who have just given birth are often in a precarious situation due to fragmented services and lack of supportive policies, procedures, and practices in health facilities.

Gaps occur in the community as well as in health facilities. In traditional societies, relatives and close friends provided women with the support and practical advice needed to successfully initiate and maintain breastfeeding. In some places this traditional support structure still exists, but in other settings it has broken down.

Aware of these needs at both the health facility and community levels, WABA resolved to develop an initiative that gives heightened attention to the “support” component of the Innocenti Declaration and calls for strategic thinking around support for mothers at all levels.

What is GIMS
Global Initiative for Mother Support (GIMS) for Breastfeeding is a global initiative that focuses on
women’s needs and rights to adequate and accurate information, support and health care services before,
during and after childbirth. The initiative takes a holistic view of women’s reproductive cycle, and
promotes various measures to help mothers and their infants experience optimal breastfeeding.

Vision for GIMS for Breastfeeding
Every woman irrespective of her circumstance of residence will have lay, professional and social support
for breastfeeding and will receive the necessary information, education and encouragement enabling her to have the breastfeeding experience she and her child want.

Purpose
To put optimal outcomes for the mother and her baby at the core of steps taken in providing breastfeeding information, education, support and care.

Focus
On practices that specifically affect breastfeeding outcomes for women during their reproductive cycle (pregnancy, childbirth, post-partum and breastfeeding). This does not preclude reaching out with education or support before or after this period or to their support network (partner, relatives, friends etc).

Goals
To broaden the support for mothers beyond the breastfeeding period, to include support during pregnancy, birth and post-natal
To develop guidelines and tools for transforming birthing practices that specifically affect
breastfeeding into a more humane and gender
sensitive health care practice
To promote a global understanding of mother
support that values, gives credibility and strengthens community-based mother support programmes and networks
To promote step 10 of the BFHI, and develop guidelines for putting it into effect by broadening the understanding of breastfeeding support groups
To link and collaborate with other issue movements such as those working on natural/humane
childbirth practices, family support, midwifery, women’s health and rights, etc. in order to facilitate a holistic view on mother support
To provide the impetus for changes in employment, health facility, and marketplace policies and practices so that women experience optimal pregnancy, birthing and breastfeeding outcomes.

GIMS for Breastfeeding
Statement
Given that:
Mothers are life-givers, bearers and nurturers of humanity
Mothers are the primary child care givers of their infants
Mothers need support to optimally feed their infants
Breastfeeding contributes to the health and well being of mothers and children, families and
communities
Many traditional forms of support for mothers have been undermined and threatened by forces of globalization, modernization and industrialization
Peer support group methodology has been shown to be effective in changing or maintaining optimal behaviors in a variety of fields such as substance abuse, cancer treatment, etc.
Mother support for breastfeeding is a concept not well understood or valued.

We declare the following:
Mothers should be considered active participants
in the support dynamic, being both recipients and providers of information and support
Mother support should be viewed and valued as an important contributor to optimal infant feeding practices throughout the reproductive cycle, with special attention on humanizing pregnancy and childbirth care
Mother support should be defined broadly as any support provided to mothers for the purpose of improving breastfeeding practices for both mother and baby
Mothers should receive support throughout their entire reproductive cycle (pregnancy, birthing and post-natal)
Mother-to-mother support groups are one of many ways that mother support can be provided
Mother support is particularly important for mothers at greatest risk for not breastfeeding optimally such as working women, women in emergency situations, women with HIV/AIDS, etc.

Therefore, we propose that:
Mother support should be given the highest priority for international, national and local attention and
funding
Information and practical help should be provided to the childbearing and breastfeeding woman
Strategies for ensuring sustainability of mother support efforts should be identified and implemented,
including provision of opportunities for networking and sharing of experiences, models, and tools

For more information, please contact: WABA Secretariat, PO Box 1200, 10850 Penang, Malaysia Tel:
604-6584816 Fax: 604-657 2655 Email: secr@waba.po.my Website: www.waba.org.br
www.waba.org.my Or the WABA Mother Support Task Force: Paulina Smith, Coordinator
<smithpc@att.net.mx> Norjinah Moin, Co-coordinator <norjinah@hotmail.com> Rebecca Magalhaes,
Co-coordinator <Rmagalhaes@llli.org>. The World Alliance for Breastfeeding Action (WABA) is a global
people’s initiative to protect, promote and support breastfeeding. WABA acts on the Innocenti Declaration
and works in close liaison with UNICEF.

GIMS for Breastfeeding, Mother Support Task Force Jan 2002
World Alliance for Breastfeeding Action (WABA), www.waba.org.my

Day3 母乳育児における世界規模の母親支援運動

~世界規模の母親支援運動(Global Initiative for Mother Support:GIMS)

母乳育児における世界規模の母親支援運動(GIMS)とは、世界母乳育児行動連盟(WABA)の母親支援部会によって取りまとめられた世界規模の運動です。これは、子どもを母乳で育て始めたお母さんが母乳育児を続けるために、理解と支援が得られるような適切な環境を作りだすことを目的としています。GIMSの定義によれば、母親支援とは、お母さんと赤ちゃん双方のために母乳育児が実際にやりやすくなるように、お母さんに差し伸べられる支援のすべてを含みます。必要な支援は女性によってさまざまですが、一般的には励まし、正確で時宜にかなった情報、出産時の人間らしく思いやりのあるケア、アドバイス、安心させてあげること、ありのままを受け入れて認めてあげること、具体的な援助、実際的なコツの伝授などが含まれます。

多くの人がさまざまなところで、精神的な社会支援を必要としています。女性は保健医療専門家、雇用主、友人、家族、地域からの支援が必要です。妊娠、出産、授乳期間を通して条件が整えられてはじめて、安全に赤ちゃんを月満ちるまで胎内で育て、お産の経験を一緒に分かち合いたいと思って選んだ人に付き添われて出産することができます。職場で働く女性は、産後の6ヵ月は完全に母乳だけで赤ちゃんを育て、離乳食を始めた後も母乳育児を続けることができるような支援を受けるべきです。

GIMSは、人権と女性の生殖に関する権利を尊重する取り組みを基盤としています。この取り組みは男性の参加と地域社会の協力を求めています。GIMSは、性別(ジェンダー)に配慮した支援の提供、良質の産前教育とケアを受ける女性の権利、女性が中心で尊重される分娩介助、適切で十分な産科処置を重視します。また地域に住み、健康、食、医療についての知恵を伝える経験豊かな女性の役割もよく理解しています。

さらに広い視野を保ちつつ、さらに、GIMSの母親支援運動は、母乳育児支援に関心のある個人や団体のネットワークによって個々に定義されます。地域における支援組織を強化することに重点を置くグループもあれば、母親が母親を支援する形のサポートやサポートグループ、あるいは保健医療サービスに力を注ぐグループもあるでしょう。

母乳育児における世界規模の母親支援運動の背景となる情報
1990年、31の政府から集まった政策作成者、10の国連機関、その他のWHO・ユニセフの会議に集まった参加者が、母乳育児の保護、推進、支援に関するイノチェンティ宣言を承認しました。90年代において、イノチェンティ宣言は世界規模の母乳育児運動の推進力となり、特に「赤ちゃんにやさしい病院運動」の始まりと「母乳代用品の販売流通に関する国際規準」の執行の強化は、大きな運動の成果です。またイノチェンティ宣言は、(特に政策問題と保健医療サービスにおける)国際的な到達目標を設定し、働く女性の支援を増大させ、国レベルの母乳育児委員会を設立させる原動力にもなりました。

現在における母乳育児の状況を振り返って、WABAは強化が必要な分野を見極めました。「赤ちゃんにやさしい病院運動」(BFHI)は、赤ちゃんに焦点を当てていますが、女性のニーズに関しては十分強調されているとはいえません。母親への産前、陣痛時、分娩時、そして産後のケアが、女性の健康と福祉を支援するような方向に、BFHIをもっと「お母さんにやさしく」する時機が来ています。そうしたケアが望ましい母乳育児支援ともなることがわかっているからです。妊婦や赤ちゃんを産んだばかりの女性は、一貫しないサービスや、温かい支援に満ちているとはいえない保健医療施設の方針や手順や処置が原因で、不安定な状態に置かれることがよくあります。

(女性のニーズの需要と供給の)隔たりは、保健医療施設だけではなく地域にも起きています。伝統的な社会では、女性がスムーズに母乳育児を始め、継続させるために必要な支援や実際的なアドバイスは、親戚や親しい友人の手にゆだねられていました。地域によってはそのような伝統的な支援体制がまだ存在していますが、伝統が失われてしまった地域もあります。

保健医療施設と地域の両方のレベルでこうしたニーズがあることに気づいたWABAは、イノチェンティ宣言のなかの「支援」の部分に特に注目をした運動を発展させたのです。そして、あらゆるレベルで母親への支援がなされるための戦略的思考を提唱しています。

世界規模の母親支援運動(GIMS)とは?
GIMSは、女性が出産前、分娩時、出産後を通じて適切で正確な情報、支援、保健医療ケアサービスを受けるニーズがあること、そして受ける権利があることに焦点を当てた世界規模の運動です。GIMSは、女性の生殖サイクルを全体的に見て、お母さんと赤ちゃんが望ましい母乳育児を経験できるように援助するさまざまな支援策を推進します。

母乳育児における世界規模の母親支援運動(GIMS)の未来像
どこに住んでいようともすべての女性が母乳育児において、専門家やレイ・プロフェッショナル(専門家の資格はないが、一定のトレーニングを受けた民間の援助者)の支援、社会的支援を受けられるようになること。お母さんと子どもが望む母乳育児経験ができるように必要な情報、教育、励ましを得られるようになること。それがGIMSの未来像です。

目的
母乳育児の情報、教育、支援、ケアの提供において、必要な手段が講じられ、お母さんと赤ちゃんが望ましい結果を得ること。

焦点
焦点は、母乳育児がうまくいくかどうかに影響を与える、女性の生殖サイクル(妊娠、出産、産後、母乳育児)における支援にあります。とはいっても、この時期以前、もしくは以後の教育や支援に手を伸ばすことも含まれますし、女性どうしの支援ネットワーク(パートナー、親戚、友人など)を妨げるものでもありません。

目標
* 母親への支援は広義にとらえ、母乳育児期間には妊娠中、出産時、産後も含む。
* 特に母乳育児にも影響を与えるお産の状況が、より人間らしく性別(ジェンダー)に心配りをした保健医療ケアになるようなガイドラインや手段を構築する。
* 世界規模で母親支援の理解を深め、地域に密着した母親支援の企画やネットワークを強化する。
* BFHIの第10ヵ条の項目を推進し、母乳育児支援グループへの理解を広げることによって第10ヵ条の項目が実施されるようなガイドラインを発展させる。
* 母親支援を全体的にとらえることができるように、他の運動と連携、連帯する。これには、自然で人間的なお産、家族のサポート、助産術、女性の健康と権利にかかわる運動などが含まれる。
* 望ましい妊娠、出産、母乳育児を実現できるように雇用、保健医療施設、経済界の方針においての変革に弾みをつける。

母乳育児における世界規模の母親支援運動(GIMS)宣言
以下のことが前提にあります。
* お母さんは命を与え、命を生み出すもの、ヒューマニティ(人間性)を豊かにするものです。
* お母さんは赤ちゃんの子育ての主な担い手です。
* お母さんは赤ちゃんに最適な栄養を与えるために、支援を必要としています。
* 母乳育児はお母さん、子ども、家族、地域社会の健康と福祉に寄与します。
* 多くの伝統的な母親支援は、企業の世界的規模化(グローバリゼーション)、近代化、産業社会化の力によって弱められ、危機にあります。
* 同じ仲間どうしの支援グループの方法は、薬物乱用、ガン治療などのさまざまな分野において行動を変え、望ましい行動を維持するのに効果的であることがわかっています。
* 母乳育児における母親支援の概念は、あまり理解されているとはいえず、価値があるとも思われていません。
したがって、私たちは以下のことを宣言します。
* 支援活動の中ではお母さんが中心的な担い手となり、情報やサポートの受け手であるとともに与え手でもあるべきです。
* 生殖サイクルを通じて、赤ちゃんが望ましい栄養を得るのに大きな役割を果たす母親支援の重要な役割を認め、大切にしましょう。
* 妊娠と出産の人間らしく思いやりのあるケアに特に注目すべきでしょう。
* 母親支援とは、お母さんと赤ちゃん双方にとって望ましい母乳育児ができるよう、お母さんに差し伸べられるすべての支援が含まれますから、広く定義するべきです。
* お母さんは、生殖のサイクル(妊娠、出産、産後)を通じての支援を受けるべきです。
* 母親が母親を支援するサポートグループは、母親支援の多くの方法の中のひとつです。
* 母親支援は特に最適な母乳育児が困難な母親たち――働く女性、災害時や戦争化の女性、HIV/AIDSにかかった女性には、特に重要です。

それゆえ私たちは提案します
* 母親支援は国際的、また国や地域のレベルで配慮され、最優先で助成されるべきものです。
* 情報と実際的な援助は、子どもを産む時期の女性と母乳育児をしている女性に差し伸べられるべきです。
* 母親支援を続けるための策を練り、実施するべきです。それにはネットワーキング、また経験やモデル、手段を共有する機会を与えるこが含まれます。

さらに情報が欲しい方は以下にご連絡ください。
World Alliance for Breastfeeding Action PO Box 1200, 10850 Penang, Malaysia
Tel:60-4-6584816 Fax: 60-4-6572655 E-mail: secr@waba.po.my
Website: www.waba.org.br/   www.waba.org.my/
もしくは、
the WABA Mother Support Task Force(母親支援部会):
Paulina Smith, Coordinator <smithpc@att.net.mx> ・ Norjinah Moin, Co-coordinator
<norjinah@hotmail.com> ・ Rebecca Magalhaes, Co-coordinator <Rmagalhaes@llli.org>.

世界母乳育児行動連盟(WABA)は、母乳育児を保護し、推進し、支援するための世界規模の運動です。WABAはイノチェンティ宣言を基盤とし、ユニセフと緊密な連絡を取りながら活動しています。

GIMS for Breastfeeding, Mother Support Task Force ・ Jan 2002
母乳育児における世界規模の母親支援運動部会 2001年1月
World Alliance for Breastfeeding Action (WABA), www.waba.org.br
翻訳:母乳育児支援ネットワーク
2003年1月

国際規準違反報告フォーム

母乳代用品のマーケティングに関する国際規準」の違反を日本語で報告できます。

アイコンまたはこちらをクリックするとフォームが開きます。ご協力をお願いいたします。

 

最初は母乳だけ、その後も他の食べ物を補いながら母乳を与え続ける。金色のリボンは、 その「ゴールド スタンダード」、つまり理想のありようの象徴です。

WABA(世界母乳育児行動連盟)とユニセフが共同で提唱している「金色のリボン運動」に参加しています。

Facebook 母と子の育児支援ネットワーク(災害時の母と子の育児支援 共同特別委員会)

ページ上部へ戻る